歯並び矯正ガイド

インビザライン

目立たないインビザライン矯正

インビザラインは、透明で取り外し可能なマウスピース型の装置(アライナー)を使った矯正装置です。これまでに全世界で800万人を超える方がインビザラインで治療を受けています。マウスピース矯正は、一般的なブラケットワイヤー装置を使わずに、歯の形に合わせたマウスピースを使って歯並びを改善する矯正治療のことです。治療計画に基づいて、カスタムメイドされたマウスピースを1週間ごとに交換しながら理想の歯並びに近づけていきます。最初は今の歯並びよりも一歩だけ理想の歯並びに近づくマウスピースを装着し、歯を動かします。ですから、一般的なブラケットワイヤーを使った歯列矯正治療よりも、違和感や痛みは少なくて済みます。目立たない矯正治療をご希望される方へオススメの最新の矯正治療です。 

インビザラインの利点

目立たない

透明なプラスチック素材のため装着しても、あまり目立ちません。また、マウスピース自体がとても薄く、発音の邪魔になりません。接客業や営業職など人前で話す機会が多い仕事をされている方に好評を得ています。

痛みが少ない

マウスピース型矯正装置であるインビザラインは、ブラケットとワイヤーを使用する矯正装置と比較して痛みが少ないと言われています。その理由は、1個のマウスピースで歯を動かす移動量が0.25mm以内になっており、過度な力がかかりにくいことです。新しいマウスピースに交換した直後は、締め付けられるような感覚がありますが、通常は数時間で消失します。

取り外せる

取り外しができるので、食事はいつも通りしていただくことができます。もちろん、取り外して歯磨きが出来るので、歯の隅々にまで歯ブラシが届き、口の中を清潔に保つことができます。

インビザラインの欠点

本人の努力が必要

インビザラインの矯正装置は、毎日少なくとも22時間以上の装着が必要です。決められた装着時間を守ることで、理想的な歯並びに導いていきます。自分で取り外しができる容易さがある一方で、きちんと装着しないと充分な効果が得られません。そのため本人の努力が必要不可欠です。

症例によっては補助装置を使う必要がある

マウスピース装置だけでは難しいケースがあります。そういった場合は補助的装置と組み合わせることで、理想の歯並びに近づけていくことが出来ます。インビザライン矯正システムは日々改良が加えられており、今まではマウスピース型矯正装置では困難と判断されてきた症例でも適応可能になるケースが増えています。適応症例を間違えなければ、一般的なワイヤーをつかった矯正装置による治療に劣りません。

クリニック紹介

兵庫県西宮市鳴尾

阪神電鉄本線「鳴尾・武庫川女子大前駅」から徒歩5分

兵庫県西宮市里中町1-8-18 ラボーテ西宮1F

大阪府豊中市岡町

阪急電鉄宝塚線「岡町駅」から徒歩5分

大阪府豊中市中桜塚2-20-12 田中ビル103

大阪市東淀川区上新庄

阪急電鉄京都線「上新庄駅」北口出口すぐ

大阪府大阪市東淀川区小松1丁目12-28

奈良県桜井市

吉江医院・歯科

近鉄およびJR線「桜井駅」から徒歩18分

奈良県桜井市東新堂83番地の1

    院長プロフィール

    院長名

    経歴

    • 〇年 大学医学部卒業
    • 〇年 ○○大学病院○科
    • ○年 ○○医院○科

    親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

    アクセス

    ※地図はサンプルです

    03-0000-0000

    〒000-0000
    東京都千代田区大手町1-1-1
    地下鉄大手町駅より徒歩10分

    診療時間

    診療時間

    月~金曜日
    午前 XX:00~XX:00
    午後 XX:00~XX:00

    休診日

    土曜午後・日曜・祝祭日