こんなことで悩んでいませんか?

  • 人前に立つ仕事だから目立ちたくない
  • 矯正治療したいけれども痛そう
  • 歯並びが悪いせいか虫歯になりやすい
  • 矯正治療中は食事が美味しくない

悩みを解決するマウスピース矯正

矯正治療を躊躇する原因のひとつは、「矯正装置が目立つ」ことにあります。矯正装置を装着したままの仕事や学校生活はちょっと……という方も少なくありません。矯正治療の見た目の問題を解決する方法として裏側矯正という選択肢がありますが、治療期間や費用などを考慮すると、誰でも気軽に選択することはできません。現在、裏側矯正よりも多くの方に支持されている矯正があります。それは、プラスチック製の透明のマウスピース矯正装置を使用する「インビザライン」です。インビザラインは、現在100カ国以上の国々で採用され、800万人を超える症例実績があります。クリンチェックと呼ばれる3D治療計画ソフトウェアを使用し、治療過程をシミュレーションした上で、患者様一人ひとりの歯列に合わせたマウスピース矯正装置を製造します。透明のマウスピースを定期的に交換することで、少しづつ理想の歯並びに近づけていきます。そのため、痛みが少なく、装着していても目立ちません。見た目が気になる方にも安心して治療していただけます。

インビザライン矯正治療の特徴

透明マウスピースだから目立たない

従来型のブラケットワイヤー矯正装置は、口を開けた際にどうしても装置が見えてしまいます。しかし、マウスピース型矯正装置のインビザラインは、プラスチック製の透明マウスピースを使用しますので、装着していても目立ちません。矯正治療中であることを他人に気づかれる心配が少なく、話すときや笑う時も口元を気にすることはありません。人前に出る機会が多い方や見た目が気になる方にも安心して治療していただけます。

 

矯正装置を気にせず食事を楽しめる

従来型のブラケットワイヤー矯正装置は、取り外しができない固定式のため、粘着性の強い食べ物や着色するものは避けなければなりませんでした。また、矯正装置に食べ物が挟まってしまうことがあり、食べ物に気を遣う場面も多々ありました。しかし、マウスピース装置のインビザラインなら、食事の際に取り外すことが出来ます。治療前と同じように食べたい物を思いっきり食べられます。同じく目立ちにくい矯正装置である裏側矯正装置のように、舌が矯正装置に触って気になってしまうということもありません。

 

ソフトな素材だから痛みが少ない

インビザライン矯正治療は、1つのマウスピースで0.25mmづつ、歯を動かしていくので、比較的痛みが少ないといえます。新しいマウスピースを装着する際は、締めつけられる感覚を訴える方がいらっしゃいますが、数時間後にはそれがなくなるようです。また、従来型のブラケットワイヤー矯正装置は、お口の粘膜に当たり、頬の内側や唇、舌などの粘膜を傷つけたり、口内炎になる恐れがあります。しかし、マウスピース矯正装置は、柔軟性のあるプラスチックを用いるのでお口の中を傷つけずに快適に過ごせます。

自分で取り外せるから衛生的

マウスピース型矯正装置を用いるインビザラインは、患者様ご自身で取り外すことが可能です。矯正治療前と同じように歯磨きができるので、虫歯になりにくい清潔な環境をつくれます。もちろん、取り外したマウスピースを定期的に洗浄できるので衛生的です。インビザラインは、お口の環境を清潔を保ち、衛生面で優れている治療です。

マウスピース矯正治療の流れ

無料矯正相談

歯並びにお悩みをお持ちの方、矯正治療をご希望の方は、まず無料相談をご利用ください。マウスピース矯正についての利点や欠点などの説明を行い、様々な疑問にもお答えします。是非、お気軽にご予約ください。

簡易検査

口腔内スキャナーのiTero(アイテロ)でお口の中をスキャンし、現在の歯列の状態を調べます。iTeroで矯正の3Dシミュレーションを行い、治療開始から治療終了までの治療計画をつくります。

検査結果の説明

矯正シュミレーションの結果をご説明いたします。ご質問やご要望等を伺いして、おおよその治療期間とお見積もりをお渡し致します。患者様が納得できるまで丁寧に説明いたします。

マウスピース装着

治療計画に基づいて制作された患者様の歯列に合わせて製造されたマウスピース正装置を装着していただきます。マウスピース矯正の注意事項の説明や、装着や脱着の練習も同時に実施します。

定期的なチェック

ご自宅にて1~2週間ごとに新しいマウスピース装置に交換して頂きます。交換を繰り返すことによって理想の歯並びに近づけていきます。矯正治療の進捗状況を確認するためにおよそ1ヶ月に1 回は来院していただきます。

保定・メンテナンス

矯正治療が終了したら、綺麗な歯並びを維持するための保定期間に入ります。リテーナーと呼ばれる保定装置で歯並びを維持します。歯並びだけでなく、健康な状態を維持する為に定期的なメンテナンスを受けましょう。

当院の矯正治療の特徴

iTero(スキャナー)の導入

当院では口腔内スキャニング装置であるiTeroを導入しています。iTeroによる歯列の採取は、従来の粘土のような型採りとは異なり、施術中の苦しさや嘔吐反射が起こりにくく、時間も短縮できることが可能です。また、より精密で高精度なマウスピースを製作することができます。 

200症例以上の経験

当院の院長は、矯正治療の実績が200症例以上ございます(2021年1月現在)。これまでの経験をもとに、患者様一人ひとりのライフスタイルやご要望に合わせた矯正方法や装置をご提案しています。インビザライン以外の矯正治療にも対応可能です。一緒に最適な治療方法を選択しましょう。

非抜歯治療を推奨

患者様の多くが「歯は抜きたくない」とおっしゃいます。誰でも、悪くない健康な歯を抜くのは抵抗があると思います。それは、私たちも同じです。したがって、あらゆる角度から治療方法を検討した上で、非抜歯矯正の可能性を探っています。

一般歯科治療に対応

当院では一般歯科にも対応しています。矯正中に、虫歯治療や抜歯が必要であっても遅滞なく、矯正治療をすすめることが可能です。一つの歯科医院で包括的な治療が行えるので、あらゆる治療の可能性を考えた上で治療を開始することができます。

iTeroエレメント2のメリット

精密

当院では、インビザラインのマウスピースを作成するための歯型を口腔内スキャナーの「iTero」を用います。口腔内カメラで歯を撮影して、デジタルデータとして記録するため、従来のような印象材を使うアナログな方法よりも高い精度で歯型を採取できます。これにより精密なマウスピースが完成し、より高い治療効果が望めます。 

快適

従来型の型採りは、粘土のような素材をお口いっぱいに入れて採得するため、嘔吐反射(えずき)がでたり、気持ちが悪くなる方もいらっしゃいます。しかし、iTeroは口腔内カメラで歯に特殊な光を当てて動画を撮影するようにスキャンするため、不快感がありません。 

スピード

従来型の型採りでは歯型をアメリカまで空輸していたため、マウスピース装置が完成するまでに時間がかかりました。しかし、「iTero」ではスキャンしたデータを即時に送信することができるため、装置の完成までの期間が大幅に短縮されます。

よくある質問

インビザライン矯正は痛くないですか?

ワイヤー矯正装置よりも痛みは少ないと考えられています

マウスピース矯正装置は、比較的弱い力で継続的に力を加えるため、従来型のブラケットワイヤー矯正装置に比べて、痛みが少ないと考えられています。はじめて装着した時に締めつけられる感覚を訴えられる方が多くいらっしゃいますが、数日後には慣れたという言葉をよく頂きます。

治療中の食事に制限はありますか?

食事制限はありません

食事の際は、マウスピースを取り外していただけるので、とくに食事制限はありません。あらためてマウスピースを装着する際は、不潔にならないように必ず歯を磨いてください。 

マウスピース矯正を装着していると話しにくいですか?

多くの方が数日で解消されます

マウスピースの厚みは約0.5mmなので、従来の矯正装置のような厚みや凹凸が少ないため、しゃべりづらさや発音障害がほとんどありません。最初は違和感を覚えるかもしれませんが、数日のうちにマウスピース装置に慣れることによって違和感を解消される方がほとんどです。

1日に何時間装着することが必要ですか?

1日22時間以上の装着が必要です

マウスピース矯正装置は、1日22時間以上の装着を推奨しています。装着時間が少なくなると、予定した通りに歯が移動せずに、結果として治療期間が延長することにつながります。

マウスピース矯正ができない症例はありますか?

すべてが適応症例ではありません

マウスピース矯正全般に言えることですが、歯列の乱れが激しい場合や顎の骨格が前後左右にずれている場合などは、別の矯正装置を用いたほうが良い結果を得られやすいことがあります。患者様に最適な矯正治療をご提案をいたしますので、まずはご相談ください。

どれくらいの間隔で通院が必要ですか?

1か月に1度の頻度で来院されます

マウスピース矯正装置は、1週間から2週間ごとにご自身で新しい矯正装置に変えて頂きます。1か月に1回程度の頻度で来院していただき、矯正治療の進捗状況を確認いたします。矯正治療の期間は症例により異なりますが、早い方で6ヶ月程度、長い方で3年程度の期間が必要です。精密検査を実施することで、およその治療期間が判明します。

料金

料金体系

マウスピース矯正(インビザライン) 715,000円(税抜650,000円 消費税65,000円)
精密検査料 11,000円(税抜10,000円 消費税1,000円)
調整料(月額) 3,300円(税抜3,000円 消費税300円)

上記の合計額がお支払い金額となります。ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

無理のない支払方法を選べます

現金

現金によるお支払いは1回払いとなります。具体的なお支払の時期に関しては、検査結果の説明の際にお伝えいたします。

クレジット

ご希望の方は上記のVISAカード・マスターカード・アメリカンエクスプレスなどのクレジットカードをご利用いただけます。ただし、1回払いのみとなります。

デンタルローン

自分に合った金額で分割払いができるデンタルローンです。引受会社であるアプラスが患者さんに代わって立替払いするローン契約です。ただし、審査が必要です。

医療費控除について

その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費の合計が10万円以上の場合、医療費の控除が受けられます。矯正治療やインプラント治療は自費治療ですが、医療費控除の対象ですので、税務署へ確定申告を行うことで所得税の還付や住民税が軽減されます。

院長あいさつ

つかさ歯科クリニック 院長の阿部武司です。当院では透明なマウスピース矯正であるインビザラインシステムを導入しました。インビザラインは、従来型のブラケットワイヤーを使った矯正装置とは異なり、透明なマウスピースを定期的に取り換えることにより、理想の歯並びに近づけていく治療方法です。

 インビザラインは「矯正治療に興味があるけれども目立つのがいや」という患者様におすすめできる矯正装置です。透明なマウスピース型の装置を用いることで周りに気づかれずに治療をすることができます。また、取り外し可能なのでケアがしやすく、歯への負担も少なくて済みます。

当院では、不安やお悩みを抱えながら来院される患者様に、安心して治療をうけて頂けるように無料矯正相談を実施しています。少しでも迷われている方は、まずはご相談ください。

 

院内ツアー

診療室

矯正用レントゲン

医院サイン

個室診療室

矯正相談受付中

無料矯正相談にお越しください

当院では、インビザライン矯正の無料相談(カウンセリング)を行っています。初診相談では、どんな治療方法なのか?利点や欠点は?痛みは?リスクは?、など患者様がご安心できるようにマウスピース矯正治療について説明いたします。患者様がご希望されましたら、矯正治療の検査を実施したうえで、治療計画や期間・費用などの詳細をお伝えいたします。矯正治療を無理にすすめることは致しませんので、ご安心ください。歯並びのこと、矯正治療のこと、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

アクセス

基本情報

医院名
つかさ歯科クリニック

住所
兵庫県西宮市里中町1-8-18ラポーテ西宮1F

院長名
阿部 武司

診療時間

 
 9:30~13:00 ×
15:00~19:30 ×

※ ● / 第2・4水曜日は休診日  △ / 土曜午後は14:00-17:00まで

休診日:第2・4水曜日・日曜・祝日

0798-43-0160

電車でお越しの場合

阪神電車「鳴尾駅」下車後、阪神電気鉄道本線を武庫川方面に歩き、ローソンのある角を左折すると「つかさ歯科クリニック」の看板が見えます。 

車でお越しの場合

契約駐車場は当院の西、約50mほどのところにあります。契約駐車場の番号は51番となります(車止めに51番の表記をつけています)。 確認後、51番が空いていない場合、近隣のコインパーキングに駐車して下さい。上限300円まで負担いたします。 

矯正相談のご予約

お電話でのお問合せはこちら

0798-43-0160
診療日
平日 午前09:30~13:00 午後15:00~19:30
土曜 午前09:30~13:00 午後14:00~17:30
休診日
第2第4水曜日・日曜・祝祭日